JUIDA

お知らせ

『民生用UAS国際標準化委員会(第5回会合)』を開催致しました。

JUIDAではUASの国際標準化活動に貢献するために、積極的な活動を行っています。平成29年度は経済産業省から無人航空機を活用した省エネルギー化に繋がる社会的課題に関する標準化に関する業務委託を受託し、その成果をとりまとめたため、「民生用UAS国際標準化委員会」を開催し報告を行いました。

 

 

【議事要旨】

 

開催日時:2018年3月8日(木) 15:00-17:00

開催場所:一般財団法人リモート・センシング技術センター (東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT虎ノ門ビル2階) コンファレンスルーム1A/1B/p>

参加者数:計25名 (JUIDA5名/会員20名)

 

【委員会議事次第】

 

1. 開会挨拶 (JUIDA理事長 鈴木真二)

2. 委員長挨拶 (JUIDA副理事長 千田泰弘)

3. 平成29年度経済産業省委託事業に係る報告 (JUIDA経営企画室長 田口直樹、株式会社三菱総合研究所 中條覚)

4. ISO規格各国審議状況説明 (株式会社野村総合研究所 澤田和志)

5. 意見交換

6. 閉会

 

意見交換の場では、国内外での議論状況の報告、また、今後の展望や質疑応答、さらには目視外飛行に際する安全化についてなど、活発な議論が交わされました。