JUIDA

お知らせ

「千葉市ドローン活用推進事業の公募」に関するお知らせ

千葉市 総合政策局 総合政策部 国家戦略特区推進課から、「千葉市ドローン活用推進事業の公募」に関する連絡がありましたので、会員の皆様にご案内申し上げます。
公募内容の詳細は下記の千葉市HPおよびファイルをご参照ください。

 

千葉市HP:https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/sogoseisaku/tokku/drone_gyoumu.html

【別紙1】公募型プロポーザル実施要領

【別紙2】課題提案事業概要

190801記者発表資料(千葉市ドローン活用推進事業)

 

┏┓ 
┗■ 「千葉市ドローン活用推進事業の公募」 実施要領
  ┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
千葉市では、ドローン活用の推進及びドローン産業の振興を図るため、市内外の企業を対象に活用業務の外部公募を行いますので、お知らせします。

 

【趣旨・経緯】
千葉市では、国家戦略特区としてドローン宅配の取り組みに加え、ドローンフィールドの開設、ちばドローン実証ワンストップセンターの設置など、様々な分野におけるドローン活用に向けた環境整備に取り組んできました。また昨年度からは、行政の効率化、ドローン関連産業の振興及び市民理解の促進を図るため、ドローン活用を条件とした業務発注を行っています。
今年度は、市内外の企業が保有する最先端の技術を本市業務に積極的に取り入れたく、活用業務の外部公募を行います。

 

【公募概要】
(1)公募内容 市が発注可能な業務であり、行政の効率化(省力化・経費削減・安全性向上
など)が見込める業務内容を提案してください。
①課題提案部門
>大規模雨水貯留施設点検調査業務
②自由提案部門
>行政の効率化に資すると思われる業務(実用化レベル)を自由に企画提案してください。
一定の審査基準のもと、優れた事案を採択します。
なお、既に本市にて実施したことのある業務については、原則、採択しません。
また、対象施設等については、採択後に所管部署等との協議により決定するため、公募時に具体的な施設まで選定する必要はありません。
※①、②のいずれか一方の提案も可とします。
※①、②の双方を提案する場合は、それぞれ企画提案書等を作成してください。
※課題提案部門については、別紙「大規模雨水貯留施設点検調査業務特記仕様書」および
「図面」を参考としてください。

(2)業務期間:委託契約締結の日から、原則として令和2年2月末日まで
(3)業務費:1業務につき1,000,000円以内(税込)
※課題提案部門と自由提案部門を合わせて、3業務程度を採択予定。
(4)支払条件:受託者は業務完了の報告及び千葉市による検査完了後、委託料の支払いを請求できることとします。千葉市は支払請求を受けた日から30日以内に支払います(業務完了後、一括払い)。

 

【企画提案の手続き等】
(1)スケジュール
実施要領の配布、参加意向申出書の受付  令和元年 8月 1日(木)から
質問書の受付              令和元年 8月 9日(金)まで
質問書の回答              令和元年 8月21日(水)(予定)
参加意向申出書の受付          令和元年 8月23日(金)まで
現地視察(課題提案部門のみ)      令和元年 8月下旬(予定)
企画提案書の受付            令和元年 9月 6日(金)まで
プレゼンテーション審査         令和元年10月 8日(火)(予定)
審査結果通知              令和元年10月中旬(予定)
契約締結                令和元年10月下旬から11月上旬(予定)
※契約締結は、対象施設の選定・仕様書の作成などの作業完了後とします。
通知日                 令和元年10月中旬(予定)
通知方法 企画提案参加申込者全員へ電子メールで結果を通知し、採択者のみ千葉市ホームページで公表します(会社名及び業務名)。
なお、審査内容に関する質問や審査結果に関する異議の申し立ては受付けません。

 

【問い合わせ先】
千葉市総合政策局総合政策部国家戦略特区推進課
TEL:043-245-5347 FAX:043-245-5551
Email(課):tokku.POC@city.chiba.lg.jp