少子高齢化に伴う労働力不足の一方で、伐採の必要なエリアは拡大しつつあり、その調査を人が担うのは難しくなっています。本講習では、業務の効率化や品質維持を目的とした、スマート林業の導入に向けて、ドローンの操縦やデータの解析方法、活用方法などを一貫して学ぶことができます。

また、森林測量ならではの林業に特化したカリキュラムの他、JUIDA無人航空機操縦技能講習に沿って、ドローンの操縦方法、飛行に関わる関係法令や航空法に基づく許可承認申請手続き、安全管理などの基本的な内容を基礎から学べる内容となっており、ドローン初心者でも安心してご受講いただけます。

本講習の修了者は、JUIDAが発行する「森林測量スペシャリスト専門操縦士証明証」の他、JUIDA民間資格である「無人航空機操縦技能証明書」の取得も可能となります。

*現在本講習は個人での受講は受付けておりません

カリキュラム

日付 内容 形式 時間
1日目 ▪無人航空機概論
▪航空法と許可申請
▪運用
▪安全管理について
▪航空写真測量
座学 9:00-17:00
(休憩1時間)
2日目 ドローンを安全に運用するための基礎的なマニュアル操縦、
非GNSS環境下で安全に操縦するための実技研修
▪基本的な飛行方法
▪非GNSS環境下での安全な操縦方法
実技 9:00-17:00
(休憩1時間)
3日目 林業現場でドローンを活用する際の操縦方法を習得。
自動飛行の実践から林業現場特有の飛行方法を習得
▪ドローン応用操縦(非GNSSモード)
▪山間部用飛行
▪自動飛行用アプリ操作、計画作成等
実技 9:00-17:00
(休憩1時間)
4日目 ドローン自動飛行(実技)
解析研修
▪Agisoft metashapeの概説
▪樹冠表面高モデル作成(DSM作成)
▪オルソモザイク画像の作成等
QGISの概説
実技+座学 9:00-17:00
(休憩1時間)

※実技の最低講習時間は11時間(660分)以上です。
 11時間の内訳:整備点検1時間以上+手動操縦&自動航行10時間以上
※カリキュラムは変更になる可能性があります。

技能証明証

本コース修了者はJUIDAが発行する以下技能証明書の申請が可能となります。 証明証の取得は別途JUIDAが定める申請手続きが必要です。

「森林測量スペシャリスト専門操縦士証明証」

「無人航空機操縦技能証明証」

JUIDA無人航空機操縦技能とは?

操縦技能証明証
受講資格
・16歳以上※未成年は親権者同意書が必要

証明証(カードタイプ)、証明書、
証明書ファイル(青)、バッチ、バッチケース

受講の申込

現在本講習は個人での受講は受付けておりません。ご興味のある方は以下よりお問合せください。
講習に関するお問合せ:Email:juida-school@uas-japan.org