JUIDA

お知らせ

JUIDA、JUAV、JUTM/わが国ドローン業界3団体 無人航空機の目視外飛行実験に向けた教育・機体・運航管理の評価基準を発表

3月15日(金)、JUIDA、JUAV、JUTMの業界3団体は、JUIDA主催『Japan Drone 2019』国際コンファレンス 特別講演において、目視外飛行の安全運航を実現するための

教育・機体・運航管理の各評価基準を発表しました。

 

今回発表した評価基準では、目視外飛行における安全を確保する上で必要不可欠な要素・条件が包括的に取りまとめられました。

 

この基準を作成するにあたっては、福島ロボットテストフィールドで、3団体合同の大規模な実証実験を2019年1月23日(水)に行いました。

 

詳しくは、プレスリリース全文をご覧ください。

 

■プレスリリース全文

 

■別紙1

 

■別紙2 目視外飛行(補助者なし)における運用者評価基準

 

 

【報道記事】

https://www.dronetimes.jp/articles/3946