JUIDA

国際連携について

ABOUT INTERNATIONAL COLLABORATION
JUIDA

国際連携について

JUIDAでは、日本国内の活動のみならず、海外団体との連携・協力、国際標準化活動、海外展示会出展・講演などを通して活動の幅を海外にも広げています。

今後益々、海外の無人航空機業界の動向把握や国際連携が重要になってくることを視野に入れ、JUIDAとしても取り組みを強化してまいります。

国際パートナー

JUIDAは、2019年8月現在、16カ国24団体とMOU(協力協定)を締結しています。このMOU締結により強固なパートナーシップを築き、いち早く鮮度の高い海外情報を取得し、会員の皆様にご紹介したり、パートナーからの引き合いに応じることができる会員様を紹介したりするなど、国内のみならず会員様の活動の幅が広がるようなサポートを強化しています。

インドネシア

PT Citra Surya Komunikasi (d.b.a. Chuo Senko Indonesia)

インドネシア

Universitas Prof Dr Moestopo (Beragama)

韓国

Korea Drone Association (KDA)

韓国

Korea Drone Industry Promotion Association (KODIPA)

タイ

Drone Academy Thailand (DAT)

台湾

Metal Industries Research & Development Centre (MIRDC)

台湾

Taiwan UAS Development Association (TWUAS)

中国

Beijing TT Aviation Technology Co. Ltd (TTA)

中国

Shenzhen UAV Industry Association (SZUAV)

ドバイ

Exponent

ドバイ

LOOL TV Ltd

ドバイ

SANAD Academy

マレーシア

Malaysia UAV Developments Association (MUDA)

南アフリカ

UAV Industries

オーストラリア

The Ripper Group International

オーストラリア

World of Drones Education (WoDE)

アメリカ

Unmanned Safety Institute, Inc. (USI)

カナダ

Altex UAV

カナダ

Unmanned Systems Canada (USC)

メキシコ

AMACUZAC

イギリス

Drone Major Group (DMG)

ノルウェー

European United Aviation Schools (EURO UAS)

フランス

Atechsys

フランス

UVS International (UVSI)

国際標準化活動

ドローン産業における日本の世界的地位を確立するため、経済産業省からの支援を得て無人航空機の国際標準の検討委員会であるISO/TC20/SC16のメンバーとして国際標準化活動に参加しています。

ISO/TC20/SC16は、製品システム、運用、UTMなどそれぞれのテーマを扱うワーキンググループごとに活動しています。JUIDAは運用手順のワーキンググループで規格の提案をしており、世界各国で開催されるSC16総会にも出席しています。

今後も日本発の規格発行に向けて積極的に活動をすすめてまいります。

  1. ISO/TC20/SC16 設立

  2. 1
    USA

  3. 2
    UK

  4. 3
    China

  5. 4
    Spain

  6. 5
    Korea

  7. 6
    USA

  8. 7
    Japan

  9. 8
    UK

  10. 9
    China

国際協力&国際イベント

JUIDAでは、海外パートナーの協力の下、会員様に対する海外視察ツアーの企画・実施など、会員様の海外進出・技術開拓に資するような活動を行っています。また、海外の展示会に積極的に出展することで、JUIDAのブランドが国内にとどまらずグローバルベースで認知されるようなPR活動も行っています。