事業案内

JUIDA認定スクール

JUIDAでは、日本で初めてとなるドローン(無人航空機)の操縦士および安全運航管理者養成スクールの認定制度を2015年10月にスタートしました。JUIDAとJUIDA認定スクールは、無人航空機産業の健全な発展のために、無人航空機運航上の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行います。
JUIDA認定スクールにおけるJUIDAが定める科目を終了した操縦士には、JUIDAが定める申請手続きを行ってもらうことにより、JUIDA『操縦技能証明証』を交付します。
また、JUIDA操縦技能証明証を取得し、かつ飛行業務の経験を有する方を対象として、無人航空機の安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得してもらい、修了者には、同様にJUIDAが定める申請手続きを行ってもらうことにより、JUIDA『安全運航管理者証明証』を交付します。

JUIDA試験飛行場

JUIDAでは、無人航空機の研究開発支援、人材育成を行うためには、全国各地に、開発機のテスト飛行や操縦者のトレーニングを行うための試験飛行場を用意することが重要と考え、今般、全国第1号のJUIDA試験飛行場として幅広い分野の方々に利用していただくことのできる「物流飛行ロボットつくば研究所」を開設いたしました。JUIDA試験飛行場が、日本の無人航空機産業育成の一端を担うことができれば幸いです。
※各試験飛行場の管理・運営はJUIDAとの協力会社が行っております。

イベント開催

JUIDAではドローン業界の振興と発展を目的として、様々なイベントを主催・協力を行っています。

安全・規格

無人航空機を安全に使うためには、必ず守らなければならない法規制や注意事項などがあります。ここでは、無人航空機に関する安全・規格についての情報や、飛行制限などに関わる情報を掲載しています。

JUIDA団体保険制度

2015 年 12 月に改正航空法が施行され、これまで法令上に規定のなかったドローン(無人航空機)について、新たに飛行ルールが整備されました(機体重量 200g 以上が対象)。この改正航空法施行にあわせて、国土交通省は「無人航空機の安全な飛行のためのガイドライン」を発表しました。このガイドラインのなかで、飛行に際しての「技量の保持」と「万が一の第三者賠償事故に備えた損害保険への加入」についても言及されました。
JUIDA では、こうした国の動きもふまえ、「技量の保持」に資する取組みとして、日本で初めてとなるドローン操縦者および運航管理者向けのライセンス制度を創設しました。あわせて、今般「万が一の第三者賠償事故に備えた損害保険」制度として、会員様向けに団体保険制度をご用意しました。

トップへ戻る