【JUIDA会員限定】
ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス
無料提供のご案内
  

改正航空法が2022年12月5日から施行され、有人地帯で目視せずに機体を飛ばせる「レベル4」の飛行が解禁されました。より厳格に安全性を担保するための「機体認証制度」と「操縦ライセンス制度」等が新たに設けられましたが、何がどう変わったのかあまり広く浸透していないことも事実です。そのひとつとして挙げられるのが、ドローン運用者の義務となった「飛行日誌の作成」。そもそもこのこの飛行日誌とはどういうものなのでしょうか?

「飛行日誌の作成」とは?

  • ①飛行した内容を記録する「飛行記録」
  • ②飛行前点検などの結果を記録する「日常点検記録」
  • ③定期的な点検の結果や整備・改造内容を記録する「点検整備記録」
  • 上記を記した飛行日誌を備え、必要な事項を漏れなく記載しなければなりません。これを怠った場合の罰則規定も設けられています。

【国土交通省】無人航空機レベル4飛行ポータルサイト(※外部サイトへリンクします)

JUIDA会員なら無料で
サービスの利用が可能

飛行日誌の提出が必須となりましたが、記載内容が多いだけではなく、その煩雑さから、ドローン運用者に大きな負担となることが懸念されています。そこで、JUIDAでは会員様限定で利用できる「ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス」を始めました。しかも、JUIDA会員の方は“無料”で利用できます。

※「ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス」に関しては注意事項を読んでいただいた上でご利用ください。
※2023年2月1日より「ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス」の運用をスタートします。開始までしばらくお待ちください。

最新トピックス

2023.01.30 
飛行日誌サイトを公開しました。

ご利用にあたっての注意事項

JUIDA会員向け「ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス」ご利用上の注意事項

JUIDA会員向け「ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス」ご利用上の注意事項(以下「本注意事項」という。)は、JUIDA会員がJUIDAを通じてAirData社の提供・運営する「ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス」(以下「本サービス」という。)を利用するにあたっての注意事項を記載したものです。
なお、本サービスはAirData社が提供するサービスであり、本サービスの利用に際しては、AirData社が示す利用規約プライバシーポリシーが適用されます。

1.ご利用者の条件について
(1) 申請時にJUIDA会員であること
(2) JUIDA登録Email アドレスとAirData社登録Emailアドレスは同一のアドレスを使用すること。
(3) 本サービスにて付与されるアカウントはJUIDA会員登録一件につき1アカウントになります。複数のアカウント作成は認められません。
(4) 本サービスの利用は、日本国内からの利用に限定されますのでご留意ください。
2. ご用期間について
(1) JUIDA会員は、JUIDA個人会員専用サイトより本サービスの利用を申請することで申請日より会員有効期間に関わらず、一年間、無料で利用することが出来ます。
(2) 申請日から一年間経過した時点で、JUIDA会員としての登録が有効な場合(当該年度の会費が支払われている場合)は、さらに一年間延長されます。
(3) 申請日から一年間経過した時点で、既に退会されている場合、若しくは1年が経過した時点の日を含む当該年度の会費を未払いの場合は、利用することが出来なくなります。
*(例):2023年2月1日に利用申請した場合の利用期間は、 <2023年2月1日~2024年1月31日>ですが、 ※2023年度会員登録の 更新をしなかった場合でも、申請日より1年間は無料で利用可能です。
3.個人情報管理について
(1) 利用申請を受けたのちJUIDAからAirData社に提供される個人情報は、以下のとおりです。 (個人情報) ・JUIDAに登録されている利用者氏名 ・JUIDAに登録されている利用者メールアドレス
(2) JUIDAおよび本サービスの保守管理を担うブルーイノベーション株式会社は、利用者のサポート、今後のサービス改善のため、AirData社に保存される飛行データの一部にアクセスすることを可能とします。その際、個人情報の取扱いはAirData社の個人情報取扱規定に基づくものとします。
(3) AirData社の本サービス内に保存された登録情報は、全てAirData社の個人情報取扱規定に基づいて管理されており、JUIDAはその管理に責任を持たないものとします。
4.本サービスの適用外について
(1) JUIDA会員特典である本サービス以外のAirData社が提供するサービスを利用する場合には、別途料金が発生する場合があります。また、JUIDAは本サービス以外のAirData社の他サービスの提供は行いません。
(2) 本サービスを含む、AirData社が提供するサービスに関する一切のお問い合わせやサポート依頼は、AirData社のサポート窓口にお願いいたします。JUIDAではご対応いたしません。
(3) JUIDA会員向けに提供する本サービスの内容は事前予告なく変更される可能性があります。
(4) JUIDA会員向けの本サービスが停止される場合、1か月前を目途に、ご利用者のJUIDAに登録されたメールアドレスに通知いたします。
(5) JUIDAを退会された場合は、利用申請日から1年経過後にAirData社アカウントも自動的に削除されます。アカウント内に記録されているデータについては自己責任で外部ストレージ等への保存作業をお願いいたします。(自動削除後の記録データの復元にはご対応いたしません。)

以上

FAQ

サービス内容について
Q 飛行日誌の作成とは何をするのですか?

A 飛行した内容を記録する「飛行記録」、飛行前点検などの結果を記録する「日常点検記録」、定期的な点検の結果や整備・改造内容を記録する「点検整備記録」を記した飛行日誌を備え、必要な事項を漏れなく記載する必要があります。これを怠った場合の罰則規定も設けられています。

Q ”ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス”とは何ですか?

A 飛行日誌とは、2022年12月5日に改正された航空法中で定められた、ドローンの操縦にあたって、必ず作成し携行せねばならないと義務付けられたものです。AirDataのサービスを利用することで、多くの部分が自動で作成され、日々の手間が大きく削減されます。

Q AirDataの通常サービスとの違いはありますか?

A 通常サービスとの差はございませんが、JUIDA会員は最も高額で高機能なプランが提供されます。

Q ドローンは何機まで登録できますか?

A 機体数に制限はございません

Q 既に所有しているAirDataアカウントのデータを移行することはできますか?

A 移行していただくことが可能です。(お客様自身で毎ログからフライトを選んで移行する必要があります。)

利用方法について
Q JUIDAの会員であれば誰でも利用できますか?

A はい、個人会員であれば、どなたでも利用することが可能です。

Q JUIDA会員本人以外が使用することはできますか?

A いいえ、こちらは会員本人のみが利用可能です。

Q JUIDA会員は無料とのことですが、料金が発生する場合はどんな時ですか?

A 今後、JUIDA特典として用意されている機能以外の追加機能が実装された場合、そちらを利用される場合に料金が発生する可能性がございます。その際にはJUIDAではなく、AirData社に料金をお支払いいただきます。

Q 申請日から一年間利用できるとありますが、その間にJUIDAの会員を退会した場合にはどうなりますか?会員ではなくなった時点で利用はできなくなりますか?

A 申請日から一年間がJUIDA特典としての無料利用期間になります。これは申請時にJUIDA会員であれば、無料利用期間中に退会された場合も、期限まではご利用いただけます。期限を迎えた際に、退会済みである場合は直ちにアカウントが削除されます。

Q AirDataでは飛行日誌以外のサービスも利用できるようですが、JUIDA会員であればこれらも無料で利用できますか?

A はい、現在用意されているすべての機能が無料で利用可能です。

Q 所属している会社がJUIDAの法人会員です。その場合、会社の従業員であれば複数人で利用可能ですか?

A 申し訳ございませんが、個人会員様の会員特典となっており、法人会員様としてのご登録に対してはご提供してございません。

Q JUIDAに登録しているEmailアドレスとAirData登録のEmailアドレスを別なものにすることはできますか?

A いいえ、JUIDAに登録しているものと同一のメールアドレスをご利用いただく必要がございます。

Q ドローン飛行日誌作成・情報管理サービスを利用する際、不明な点等があった場合の問い合わせ先はJUIDAでしょうか?それともAirData社でしょうか?

A 利用申請に関するお問い合わせはJUIDA、サービスの内容や利用方法に関するお問い合わせはAirData社の窓口までご連絡ください。

Q AirData社に保存される飛行データはJUIDAにも提供されるのでしょうか?データの扱いはどのような形となりますか?

A 原則としてAirData社に保存されるデータをJUIDAは取得いたしませんが、会員様からのお問い合わせに対応するために、一時的にアクセスする可能性がございます。ご了承ください。

Q 一度申請したら、JUIDAの会員を続けていれば、その後は自動更新されますか?

A はい、利用期限を迎えた際にJUIDA会員登録が確認されれば自動更新されます。

Q 申請後、飛行日誌に関する情報やお知らせなどはJUIDAから届きますか?AirData社から届きますか?

A 基本的にはAirData社から届きますが、JUIDAからも活用方法や法制度に関連する内容として情報提供をお届けいたします。

Q 申請しましたが、「アドレスが重複している」と表示されました。どうしたらよいでしょうか?

A JUIDA個人会員サイトよりご自身のメールアドレスを第三者と共有していない個人のメールアドレスに変更いただき、AirData社への登録に当たっても同じメールアドレスをご使用ください

Q サービスの利用を中止しても、JUIDAの会員としてその後は特に問題はありませんか?

A はい、問題ございません。

Q AirData社がドローン飛行日誌作成・情報管理サービスの提供を突然中止することはありますか?

A サービス提供が中止される可能性はございますが、その場合は事前にJUIDAよりご連絡を申し上げます。

Q 申請はどこでできますか?

A 利用申請はJUDA個人会員専用サイトよりお願いしております。

Q 申請する時に、”アドレスが会員様と重複しています。プロフィールを個人アドレスに変更してから再度申請を行ってください”とエラーがでて申請できません。どうすればいいでしょうか?

A JUIDA個人会員専用サイトより、登録メールアドレスを、ご自身のみが使用しているメールアドレスに変更し、その上で再度お申し込みをください。

Q 申請すると、「アドレスが既にAirDataに登録されています。他の個人アドレスにプロフィールを変更してから再度申請を行ってください。」とエラーがでて申請できません。どうすればいいですか?

A JUIDA個人会員専用サイトより、登録メールアドレスを、ご自身のみが使用しているメールアドレスに変更し、その上で再度お申し込みをください。

Q 登録メールが紛失してしまいました。どうすればいいでしょうか?

A 用申請画面でメールの再送信の依頼が可能です。利用申請の時ど同じく、JUIDA会員ページにログインして、特典申請タブをクリック。「サービス名」の下部に再送信を依頼するリンクがあります。そのリンクをクリックすると、登録メールが送られてきます。

Q 申請ボタンが押すことができません。どうすればいいでしょうか?

A JUIDAに登録されているメールアドレスが、個人のものではなく組織代表アドレス、メーリングリスト用のアドレスなど、複数の方が利用可能なものの場合、登録することが出来ません。その場合、まずJUIDAの登録メールアドレスを会員ご本人がご使用のアドレスに変更いただき、その上で申請を進めてください。

Q ”ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス”を使用中ですが、利用停止できますか?

A JUIDAが提供するサービスは停止できます。お手数ですがこちらに問い合わせしてください。停止すると、JUIDAが提供するサービスが利用できなくります。ただしAirDataの無償版の機能は利用可能です。

Q ”ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス”を使用中ですが、利用を一時停止できますか?

A JUIDAが提供するサービスは停止できます。お手数ですがこちらに問い合わせしてください。停止すると、JUIDAが提供するサービスが利用できなくります。ただしAirDataの無償版の機能は利用可能です。

Q ”ドローン飛行日誌作成・情報管理サービス”を利用中に内容が英語のページが有りました。どうすればいいでしょうか?

A 各画面の翻訳を随時進めておりますので、ご不便をおかけしますがご了承ください。

Q 会員一人あたりAirDataアカウント複数作れますか?

A いいえ、JUIDA会員一人につき一つのアカウントのみ提供されます。

Q 個人で、AirDataの無料版を利用中です、本サービスに登録可能ですか?

A はい、可能ですが、JUIDA経由の登録と、個人での登録は同一のメールアドレスでは登録できません。別のメールアドレスで申請いただき、その後データを各自で移動させてください。

Q 飛行日誌の作り方がわかりません。

A マニュアルをご用意しておりますので、そちらをご覧ください。

Q フライトログのアップロード方法がわかりません。

A マニュアルをご用意しておりますので、そちらをご覧ください。

Q 飛行日誌のフォーマットは国のフォーマットと違いますが、大丈夫でしょうか。

A 問題ございません、国の様式に記された記入事項が揃っていればよいものとなります。

Q 飛行日誌の一部が英語になっています。問題ないでしょうか?

A 問題ございません、国の求める提出書式には、日本語もしくは英語での表記とされております。

AirDate社のお問合せ窓口へリンクします

JUIDA会員の利用申請に関するお問合せはコチラまで

AirData利用規約
プライバシーポリシー

利用規約https://airdata.com/terms-of-service
プライバシーポリシーhttps://airdata.com/privacy-policy

以下は日本語の参考資料になります。正式である英語版の資料を理解するための参考にしてください。

利用規約日本語の参考資料(2023年1月31日時点)
プライバシーポリシー日本語の参考資料(2023年1月31日時点)